子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. 子どもの魔法の手「なにつくる?」
 

子どもの魔法の手「なにつくる?」

2015/11/27
先日、高槻にある今城塚古墳のイベントに行ってきました。
この古墳は「ひらかれた古墳」で、中に入って遊べます。


古墳の中で、古墳のテーマの、古墳イベントです




さぞかしマニアックなんだろうと思い
(そういう私も古墳好き)


中に入ってみると、こどもたちがいっぱいでした。
しかも楽しそうに古墳で遊んでいます。




これは紙管。


土管の変わりに紙管でしょうか?

かつて住宅開発まっただ中の頃、工事現場やあちこちにころがっていた土管。
土管は、こどもたちの基地でした。


土管の中に入って、自分たちだけの世界をつくったり、
仲間たちと基地をつくったり、
自分だけの静かな空間だったりしました。


こどもの世界が、土管の中にありました。


今では土管の姿は見られません。さびしいです。
土管が転がっていたら、問題になるかもしれません。
残念。


しかし、古墳の中には、土管ではなく、
紙の管がごろごろしておりました。



紙管は、材料が紙なので、軽いものです。
しかししっかりしている!



土管は動かないけれど、紙管は動く!




ですので、古墳の中で、紙管がごろごろと動いているのです。
まるで虫のように♪


ゴロゴロ、ゴロゴロ。



もちろん、こどもたちが中に入って、ごろごろと転がしていました。


楽しそうに、嬉しそうに、
紙管の虫たちがゴロゴロ、ゴロゴロ。



紙の筒。
乗ったり、立ったり、中に入ったり、
立ててみたり、叩いてみたり。



子どもたちはシンプルなその筒を使って、
いろんな遊びを生み出していました。






紙管トンネルも大人気。
もちろんのぞくと、

こどもたちが、アナゴのように入っていました。


基地であり、トンネルである。


子どもたちにかかったら、大人の想像よりはるか超えた
使い方を生み出します。
天才!



紙の筒。
その使い方はたくさんあります。

こどもたちはいろんな遊びを生み出します。
シンプルなものだからこそ、いろいろ試してみて、遊んでみて、学ぶのです。



遊ぶ。学ぶ。
やってみる、遊びを発見。




その体験が想像力を育て、創造力につながっていきます。


古墳の子どもたちは遊びの天才でした。
大人にとっては不要なものでも、子どもたちの手にかかれば宝物。


魔法の手で様々な機能を生み出して、
宝物に変えていくのです。



みんなもっている魔法の手。宝物に変える力は持っている。



「なにつくる?」
「どうしようか?」



テープの芯やトイレットペーパーの芯なども、
捨てる前にちょっと聞いてみてはどうでしょうか?


そこから子どもたちの無限の想像性は始まります。
その言葉がけが想像力を育てる鍵です。



どんなものが生まれるかな?
わくわく、楽しみにしていてくださいね。

そして一緒に「できたね」って
喜んであげてくださいね。




体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ