子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. 体が自由になる、筋肉。
 

体が自由になる、筋肉。

2017/03/19
みなさん、運動していますか?


私は、まったくまったく、まったく運動していません。
最近健康診断や、先輩たちに言われるのが、


「運動はしておかないとあとから大変だよ」ってこと。



先日骨密度検査でも言われたのですが、
骨貯金のためには、
@カルシウムが多く含まれている食品をとる
A外に出て太陽をあびる
B運動をする!




すべては骨を強くするために必要なこと。
運動で骨に負荷をかけて鍛えていくそうです。



あまりにも「運動しないとね」って言われるので、
スポーツジムに懲りずに入会。



過去に3カ所チャレンジしましたが、続かずに挫折。
自主的に通って運動することができないんです。
なぜなら、




「動くの嫌い」だから。


あー致命的。それに膝も痛いですし。



しかし、年齢も年齢。
「歩けるうちに歩いておこう。動けるうちに動いておこう」と先輩たちから言われるので、

「運動に チャレンジしてみる 春だから」よしこ

何のひねりもない句ですが、
春だからってことも、動機としては大きくあります。



芽を出す季節。
動き出す季節。
はじまりの季節。
やっぱり春は、何かを始めるのにはいい季節なんですね。




早速、スタジオで体幹トレーニングに参加。
「30分だけだから、いけるだろうー」


・・・・間違いでした。
自分の体を、両腕で支えることができませんでした。



周りをみると、
おじいさん、おばあさんでさえ、背中ぴしっとのばして、支えてらっしゃいます。


私は、肘で支えても、ばたっとうつ伏せに倒れてしまう。
何度やっても、ばたっ。


うるさいくらいに、ばたっ!


気づきました。
私は自分の体を支える筋力さえなかったんだ、と。



知っているようで知らない自分の体。
はじめてのことにチャレンジしたから、気づけたと思います。



  • 腕で全身を支えられない
  • リズムにのって、両手両足を動かせない
  • 少し複雑になると全くできない
  • おもりも重くて持てない
  • 腹筋がどこだか分からない
  • 背中まっすぐにしているつもりでも、まがっている
  • 足の筋肉がどこにあるのか分からない



毎日動いているのに、
毎日動かしているのに、
知らないものですね、自分の体って。



これから鍛えて、慣れていきたいと思います。

インストラクターさんが声をかけてくださいました。

誰でも最初はできないんです。筋肉が少ないんです。
だけど参加することで体を支える筋肉が作られていきますから。続けてくださいね。
体ができたら、もっと自由になれますから

体が自由になる!



素敵な言葉です。



なにごとも同じ。
続けることで、それを行う筋肉がつくられていく。
そして自由になっていく。




絵も同じです。
だから続けることが大事ですね。













体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ