子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. こどもART〜できた!がいっぱい、星いっぱい
 

こどもART〜できた!がいっぱい、星いっぱい

2017/11/20

ゆびまるこキッズ5歳のチャレンジ。
「星が出てこないー」
「星にならないよー」



なにやら聞こえてきます。
どうするのかな?としばらくじっとしていたところ
(すぐには私は動きません)


「うまくいかないよー星になりませんー」
ちゃんと伝えに来てくれました。
パチパチ、すばらしい。

『困った』と思い、どうにかしようとやってみる。
だけどできない。何度してもできない。
声に出してみる。だけどどうにもならない。

その時が大事。
困った時の経験が大事です。

彼は「できない」と言いにきてくれました。
困った。だからやってみた。だけどできない、困った。
相談してみよう。聞いてみようと行動しました。


じっと待っているだけではなく、
誰かが助けてくれるのを待っているだけでなく、自分で動きました。
その行動が素晴らしいこと。


折れない心『レジリエンス』は
このような困った時にどう反応して行動するか選択する力。
困った時こそレジリエンス力を鍛えるチャンスです。



「どうして、できないのかな?」
「どうやっているのかな?」


一緒に考えます。
どうしてうまくいかないのか、
どうして星にならないのか原因を探します。


「あ!動く!動く!!!」「あー!!!!!」


原因は支えている左手がしっかりと支えられていなくて、
動くために、どんどんずれていきました。
そして星にはならなかったと、



自分で発見!


「できないから、できない、もうやらない」ではなくて、
「できないから、できない・・・・」でもなくて、

「どうしてできないのかな?」と考える力。
物事の本質と向き合い、探る力を一緒につけていきます。
ちゃんとできるんですね。
原因探しは宝さがしでもあるので。



「じゃあ、やってみよう」
一緒にやってみます。
最初は手伝って、次は一人でやってみて。
どんどん目の前で星になっていきました。

「できる!」「星になる!」


その先はひとりで黙々と星々の制作。
「できた!」
「また、できた!」
「できるもん!」
「できる!!」


「できるがいっぱい」星いっぱい。




じぶんでできる ほし できる
できないのは りゆうがある
できないのは ほうほうがちがう

やってみる やってみる
なんども なんども やってみる
だけどなかなか うまくいかない
そういうときには きいてみよう
しっているひとに きいてみよう
おしえてもらおう いっしょにかこう


やてみる やってみる
なんども なんども やってみる
するとどんどん ほし できる
ほしになるのは りゆうがある
ほしになるのは ほうほうがある

やってみる やってみる
じぶんで どんどん やってみる

できた できた どんどん できた
ほしが いっぱい ほし いっぱい
できたがいっぱい ほし いっぱい
いまのぼくは できるが いっぱい



『できない』が『できた!』に変わるとき

こどもたちはまるで大発見をしたように目をまんまるにして
口をぱかーんとあけて、『できた!』と言います。

大きな声で「できた!」だったり、
小さな声で「できた・・・」だったり。


大発見なのです。



そしてどんどん描き出します。
『できた!』は『ひとりで できた!』になっていき
『ぼく できる!』へと成長していきます。
『できない、ぼく』は『できる、ぼく』へと成長。

ゆびまるこは、
こんなふうにアートを通してこどもたちの「できた」を育てています。
お絵かきしながら何度も何度も挑戦し、「できた」を作っていきます。
それが『心を育む表現共育ゆびまるこ』です。



素晴らしい大発見。
次回もたくさんのほし、いっぱいを見せてね。
ばんざーい!






体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ