子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. 練習してます。
 

練習してます。

2017/12/09
今日はお休みだったので「出かけよう!」とあれこれ計画しておりましたが、
体がまったく動かず。


やはり日々動いてばかりなので、
今日は「ゆっくりしたい」と体が言っているのでしょうね。



そんなわけで、ただいまアトリエでぼーっとしています。
静かな時間♪静かな時間♪
だれもいない、だれも電話してこない、わたしだけの時間って大事。
これからのことを考えることができます。


未来のための時間です。




しかし、その前に!
心の中にある『ある重要なこと』があります。
準備です。



明日の、『私が絵を描く準備』です。
数か月前に先生から「あなたは自分の絵を描きなさい」と言われました。

『みんなのためではなく、じぶんのための絵。』を描きなさい!
少々、怖くもあったので、少しずつ自分の絵の時間も作るようにしました。
時々、先生のもとにもいくようにしました。



私は仕事は、みんなが自由に表現できるツールをお渡しすることです。
みんなが自由に表現できて、個性が輝く絵を考えています。


『0歳から100歳まで』
みなさんが指でくるくると描きながら
本来持っている力を絵の中で芽を出すような、


そんな、ゆびまるこの絵。


考えて、絵を描いて、検証して、また描いて。
それは楽しいことであり、大きな課題でもあります。


「この絵と出会う人が、幸せになる!」と確信しながら
絵を描いて、みなさんにお届け。



届けるのは、絵というモチーフだけではありません。
大事なものは実は、その絵が生み出されるまでの道のりで出会うもの。
言葉だったり、気づきだったり。


プロセスデザイン

わたしの仕事は、指で描く絵をつかって、
その人がその人の道を歩き、成長していくこと。
そのプロセスをデザインすることが「絵をつくる」ということです。
これぞ、ゆびまるこの本質です。


(先生たちには講座でお伝えしています)


仕事って、準備が大事。
練習も大事です。



この絵をつくること、プロセスをプランニングすることは準備です。
そしてもうひとつ大事なことが、練習です。



私はすべての講座やワークの事前練習をします。
イベントの練習もしているんです。


実際に時間をはかってワークしたり、
イメージトレーニングしたり、
ひとり質疑応答したり、
鏡をみて、見え方を確認しながら話したり。




『練習しなさい!』というのは、かれこれ20年以上続けていること。
いまではそれなりにできるのですが、やはり最善を尽くしたくて、
練習は欠かせません。


準備して、練習しているからこそ、
ある程度のことは想定内なのです。
そして想定外のことが起こると、嬉しくなります。


「おっとー超えてきましたね」って。
その人のことが大好きになります。



そうそう、明日の私が絵を描く練習。
ちょっとやっています。木炭を使うので、仲良くならないと。
太い木炭、細い木炭をつかってかいています。


絵を描くからだと目をつくっておかないと
当日「あれー?えー?」ってなってはもったいない。
どうなるのでしょうね。


体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ