子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. こどもと育つママ応援コラム
 

こどもと育つママ応援コラム


2016/10/08
10月12日〜10月17日まで
モノレール門真市駅構内『モノギャラリー』にて

『指で描くパステルアートの世界展』をさせていただきます。



本日、11人の絵が揃いました。
そして私は最後の仕上げの展示用ポスターを作り、
作者名キャプションを作りました。





これまでに描いた中で一番のお気に入りや、
今回の展示のために描いた絵などが勢ぞろい。




このメンバーで集まったこともないし、
集まることもないのですが、



それでも『指で描くパステルが縁』なので、
会っていてもいなくても、みんな仲間だという意識があります。



今回の展示企画はノーテーマで募集をしました。
ですので、バリエーションが豊かで、


同じ画材、同じ道具、同じ手法なのに、
みんなそれぞれの世界が出てきたのは、面白い。


一人ひとりの作者名を作りながら、
その人たちとの思いでを思い出したりします。



私にとっては一人ひとりがとても大事な存在で、
みんながそれぞれの場所で、


指で描くパステルアートの手法で、
「みんなちがって、みんないい」と認め合いの心を伝える仲間。


ゆびまるこのことも応援してくれています。
今回は、私がみんなの作品発表を応援します。



そして、見てくれる方たちがいて、展示は完成します。
お近くにお越しの際は、モノレール門真市駅モノギャラリーラリーをのぞいてみてくださいね。




2016/10/08


せっつこども展覧会。



ゆびまるこの子どもたち13名がチャレンジ。

初めての大きなパステル画。
そして出展。



こどもたちは美術展に出展するとか、しないとか、
そういうことを意識して絵を描きません。


好きなものを、描きたいように描く。


色をたくさん塗っているこどもちゃん、

大好きな電車をいっぱい描くこどもちゃん、

大きなひまわりを描く、

夏の野菜を絵の中で集めてみたり、

大きな怪獣が出てきて、がおー!

海にも行きました、魚たちとも遊びました、

花火もあがったね、花火がビルを壊したね。



みんなみんな、こどもの絵の中の世界。

いっぱい絵の中で遊んで、描いて、完成。




そして、3名のこどもさんが、摂津市から奨励賞をいただきました。
中には保育園が出展した作品が優秀賞をいただいたり。



好きなものを、好きなように描いて、
結果、認められた。



それがとっても大事。


賞をとるために描くのではなくて、
心のままに表現した結果、賞がもらえた。



「自由に表現していいんだ」

「好きな絵を描いていいんだ」


絵を通して自分にOK!だせたら、OK!.



ゆびまるこからも、一人ひとりに賞状を送ります。



出展した作品付の賞状。
いい思い出、いい経験になってほしい。




よくがんばったね。みんな。


2016/09/09
明日はいよいよ、摂津まるごとマーケットの開催です。
このイベントは摂津市コミュニティプラザ全館を使用してのイベントです。


市民が中心となって、行政、企業、大学等みんなで一緒に
つくりあげている「摂津市」ぜんぶ、まるごとのお祭りです。


参加いただく方は遠方から遊びにきていただいています。
一日遊べるようになっておりますので、


子どもたちの楽しみ、
ママたちの楽しみ、
家族の楽しみがデザインされております。




ゆびまるこは、3階ワークショップコーナーにおります。
定番の「指でくるくる描いて、つくろう♪パステルマグネット」づくりです。
ぜひ体験しにきてくださいね。



あと個人的には、健康のために始めた北インド古典舞踊カタックダンスを
午後2時45分から躍らせていただいたり、


1階地球村では、インド舞踊のナリニ先生による
サリー着付け体験やヒンディ語レッスン。

そしてインターナショナルステージ(12時〜13時)もあります。




「音楽やアートには国境はないんだよ」



今回どうしてもインドの文化をお届けしたかったのは、
子どもたちに

  • 世界は広いんだよ。
  • いろんな文化があって、いろんな人たちがいるんだよ。
  • 音楽やアートに国境はないんだよ。
  • 嬉しい、楽しい気持ちは世界の共通言語だよ。

そんな思いがあってのインド文化の紹介をさせていただきます。
なかなか見ることのできないインドの宮廷で踊られるカタックダンスも見ていただきたいし、
インドのあれこれも子どもたちに体験していただけたら、



嬉しいです。



明日、9月10日(土)10時〜16時。
摂津市コミュニティプラザにて開催しております。
入場無料



お待ちしております。

2016/08/22
パステル宇宙アート3人展〜THE PLANETSを記念して
おとなも、こどもも一緒に参加できる「指でくるくる宇宙を描こう」ワークショップ。



日曜日はこどもも一緒に参加してくださいました。
こどもたちは、最初から「宇宙かくで」と描く気満々。
おとなたちは、「描けかな」と不安と期待が入り混じる。


同じ条件、同じ状況の中、
こどもとおとなの反応が全く違うのがとっても楽しい。




  • こどもたちは期待が大きく、
  • おとなたちは不安が大きく。


  • こどもたちはまずはやってみる。
  • おとなたちはまずは考えてみる。


  • こどもたちは毎回が本番。練習はいらない。
  • おとなたちは本番の前に練習がじっくりしたい。


  • こどもは自分の世界に夢中。あっという間に完成。
  • おとなは回りの方の絵も気になる。見本も気になる。
気になるところが外。


同じ宇宙でも反応の違いがとても面白い。
こどもたちのわいわいした雰囲気のおかげで、
午前のクラスは賑やかでした。


 

こどもたちの宇宙はどれも無限の楽しさがあって、
どこまでもなんでもあり、なんでもできる世界でした。



おとなは、こどもによって、子供心を取り戻し、自由になっていくのかもしれません。
心が開放されて、いきいきとしていくのかも。
そしてこどもは、おとなによって社会を知る。


こどもはこどもの宇宙。
おとなはおとなの宇宙。




「宇宙はこうだよ」なんてものは存在しないのです。
「地球はこうでしょ」なんてものはないのです。
自分の感じた宇宙が、自分の宇宙であって、それが一番大事。



こども宇宙とおとな宇宙。
こどもが無限の宇宙そのものであるならば、大人はその中にある秩序だったり、惑星そのものだったり。


宇宙アートの時間は、
どんどん広げていくこども宇宙の中で、
おとなたちがさまざまな魅力的な惑星を誕生させていくようにも見えました。



こども宇宙。
もっと見たい世界です。



8月25日(木)新大阪で、子供も一緒に宇宙を描こうワークがあります。











2016/08/18
みなさん、こんにちは。
なかなかこちらのブログを書けずにいました。


今日は、私が担当させていただいている地域のパステルサークル活動のお話しです。


今日のアートテーマはこちらです。



『花火』。



こちらのアートは、描く過程で、通常はしないことをするのです。

いつもは描いて、完成させるのですが、
こちらは、「描く→消す→描く」道筋。



描いたものを、消す。


「ええ??消すんですか??」



その時点で、心が拒否される方もいます。
「どうなるか分からない」
「意味が分からない」
「なにしているか分からない」



初めてのこと、
想定しなかったことに取り組む時、
きっと心の中には、不安や恐れ、なんとか意味を求めたり、よろどころを探したり。


いろんな感情が出てきます。


その感情が、実はとても大事だったりします。
その感情があるからこそ、そのあと出会う「新しいこと」に感動したり、新鮮さを感じたり、
発見や気づきがあるのです。



「あれ?できたかも」
「なに?これ、すごーい」
「あーわけわからんけど、なんかわからんけどいいかも」

って最後はよしとできたり、


「やっぱりなにしているかわからん」
「加減が分からない」
「納得できない」


ってやっぱり腑に落ちなかったり。
それもOKなのです。


なぜなら、前者の最後は○な方は、新しい世界を受け入れることができ、
世界が広がりました。

後者の方は、自分に気持ちを向けることができました。
この方は自分自身に経験をさせてあげると、安心して素晴らしい築けます。



不安や恐れ、そして緊張。
少しのこれらの感情は、気持ちをゆさぶってくれます。
そして成長させてくれると思います。



新しい気づきは世界を広げてくれます。


自分の花火を打ちあげたらOKです。
どーん、どーんと♪

そうやって自分の枠を広げていくのかもしれませんね。

2016/08/16
パステル宇宙アート展 THE PLANETS
明日8月17日(水)〜8月29日(月)
モノレール門真市駅内 モノギャラリー




本日、搬入及び設営をしてきました。




これまで約2年にわたり、毎月宇宙を描き続けてきた3人が集合。
設営直前になって、ガラスが割れたりとトラブルもありながらも、


それさえも楽しくて、


「設営時間、あと30分です」とお知らせいただいた時には、
まだ一枚も設置していなかった。。。



それさえも楽しくて、
あっという間に時間内に終わらせることができました。




汗だくな私たち。
設営後、そこにいた方に写真を撮っていただきました。




駅構内なので、通過している人が足をとめて見てくれます。





「え?」といって立ち止まったりしています。



人の足を止めさせる。
それが私は表現の力だと思っているので、



その様子を見ているだけで感動的でした。

「まさか好きな絵を描いてきただけで、展示ができるなんて」

「楽しかった。嬉しかった」


これも続けてきたからできたこと。
そして好きなことだから、続けられた。


『好き』ということと、
それを行動する『続ける』ことで力になる。

だから今続けていることの先に、きっと何かがあるのだと思います。





モノレールの門真市駅の中です。
駅があいている時間であればいつでも御覧くださいね。


改札から来られた方は、
「絵を見に来ました」といっていただけると
門真市駅から入れていただけます。



多くの方に宇宙アートをご覧いただけることを楽しみにしています。

★宇宙アートワークショップ、開催
8/21(日)午前の部、午後の部  残席わずか
8/25(木)午前の部、午後の部  残席わずか




2016/06/24

 

 

 

「七夕」。

お願いごとをアートに託して描きましょう。

 

 

 

願う。

 

祈る。

 

 

 

それって大事なこと。

どんな願いもいいんです。

願いに大小はないんです。

 

 

 

先日、私が願いを「ねる」と書いていたら、

「お願いって、そんなのでいいの?」って聞かれたことがありました。

 

 

 

私にとっては、寝ることは、何もかも忘れて寝ることは

願いであったりもします。

「じゃあ、寝ればいいやん」って言われますが、そうもいかない状況ですので、

お願いしました。

 

 

私にとっての「ねる」という願いは、

安心して寝られるような状況になること。

 

 

 

それが願い。

 

 

だから願いに大きさはないのです。

 

 

 

そんな話をこどもたちにしたところ、

最初は「願いなんてないわ」といっていた子たちも、

 

「上手に歌えるようになりたい」

 

「プールで泳げるようになりたい」

 

「指揮者になりたい」

 

 

いろんな願いが出てきました。

 

 

 

 

絵を描くことで、心の中からたくさんの願い、夢が出てくる。

素敵なことです。

 

 

 

そして願いや夢は自分自身を成長させてくれます。

 

みなさんんも、七夕にむけて、

ご自分の願いに心を向けてくださいね。

 

 

なんでもいいですからね。

 


2016/06/24
こどもが小さい頃の記憶って覚えていないようで、
よく覚えているものです。



私は今でも保育園の先生をよく覚えています。
5歳の頃だったかな?

  • 人の話を聞かない
  • 落ち着きがない
  • いつも違うことを考えている

そんな子供だった私。
クラスの子と一緒になって、先生の話を聞かずにしゃべってばかり。
先生が言うことを聞かなくて、自分のしたいことばかり。
「みんなで一緒」が嫌で、じっとできなかった。


そんな私は立たされていたり、
外に出されたりしておりました。
今でいう問題児だったの。。。かも?


しかし先生は厳しく注意するのですが、ちゃんと私を見ていてくれて、
ちゃんと私の居場所も役割も作っておいてくれました。



叱られて立たされていたため
何のお遊戯会に自分が出るのかわからなかった私。
先生は、ちゃんと役をおいておいてくれました。
それが、いい役だったりする。
ひとり馬に乗っている役とか、かわいい踊りだとか。


私が小学校に入った時。
「将来の夢」について書くことがありました。


その時に私が書いた夢は、「●●先生になりたい」。
いつも私を厳しく叱っていたその先生です。
先生のような保育士になりたい!!それが最初の私の夢でした。


理由は、
「こどもでも、ちゃんと叱ってくれて、ちゃんと見ていてくれる。
ひとりひとりをちゃんと見ていてくれる。私はそんなおとなになりたい。」




その思いは今も変わっていません。
こどもだとしても、ひとりの人間としてちゃんと向き合っていきたい。


私のその話を保育士の先生たちにしました。
すると

「5歳の頃の記憶って、ちゃんと残っているんだよね。
こどもはちゃんと受け取っているんだよね。」



5歳の頃の記憶に残る人物は、
私のようになりたい人物像になったりします。
「こんな人になりたい」憧れが生まれてきます。



そして記憶にも残らない0歳、1歳児の頃はどうでしょう?
「その子の生きていくうえで必要な基礎がそこで育つんです」



だから5歳担当の保育士さんは、いつまでも子供たちの記憶に残り、
遊びに来てくれたりするそうです。


しかし0歳1歳の担任のことは覚えていないそうです。
それで悲しくなる先生もいるそうなのですが、


そこは人間育成で一番大切な部分を担っているんですね。
記憶にも残らないような大切なことを保育士さんが育ててくれています。


  • ご飯を食べる
  • 寝る
  • トイレ・トレーニング
  • 立つ、歩く、こける
  • 伝えること、聞くこと
  • 人のあたたかさ、ぬくもり
  • 笑顔
  • リズム
  • 身体感覚

などなど生理的なものや原始的なものが育つ。
記憶に残らないけれど、だからこそ生きる上で必要な力となる。


0歳1歳のお母さんが担っている役割、
そして先生たちは、すごいお仕事をしているんですね。








2016/06/23

「すごいね」と、誰かに思うことがあるのなら、それは同じ「すごいね」が自分にもあるんだよ。

同じものがあるから、「すごいね」って響いているんだよ。

 

「うらやましい」も同じなんだよ。

「うらやましい」と誰かに思うなら、それは同じものが自分の中にあるんだよ。

全部自分にもあるんだよ。


 

だからね。

「すごいね」「すごいな」で終わるのではなくて、

「うらやましいな」で終わるのではなくて、

 

自分自身に聞いてみない?

「どこがすごいって思っているんだろう?わたし」

「どういうところがうらやましいって思っているのかな?わたし」

 


自分に聞いてみること。それは箇条書きにして書き出してもいい。

・人前で堂々としている

・チャレンジャー

・キラキラしている

・どんどん突き進んでいく


 

同じものがあるんだよ。ちゃんと自分の中にあるんだよ。

あるから、そうなりたいと思っているんだよ。


それを見つけることができたら、

「すごいね!ありがとう」
「うらやましい!ありがとう」って、気づきと成長に変わる。

 

「わたしなんて」から

「教えてくれてありがとう」って、愛と感謝に変わるのです。

 

すごいね♪探し、してみてね。

いっぱいあったら、ラッキー♪


2016/06/21

朝ふと、遠方の友人が浮かぶ。パソコンをあけたら、フェイスブックで彼女が京都に来ていることを知る。

「会いたいね」ってコメント。直後に「4時に京都駅はどう?」って。その間、1分たらず。

 

どうも4時に身があくそうな。そして、私も3時に教室が終わるので4時に身があく。

お互いに仕事が忙しいので約束しても会えることがなかったのですが、

こうして会える時は会えるのです。

偶然が重なる。〜シンクロ&ミラクル〜

 

帰り際、天使のカードでリーディングをしてくれました。

3つ何気なく引いてみると、黄色い天使のカードばかり。

 黄色のメッセージは、「心」「感情」「わくわくすることを選んでね」。

「黄色―心―わくわく」

 

別れ際に記念写真。知らずに入っていた後ろの看板の言葉。

「感動を体験!」




気づいたとき、ふたりしてトリハダ。ゾゾゾー。

またしても黄色と天使のメッセージ。

 

そのあとも帰りにはなぜだか「大天使ガブリエル?」って浮かんだり、

改札を出たら「黄色いワンピース」が目の前にあって、しかもタイムセール!「待ってました」って目の前にあったり、

先日参加した研究会で出てきたもう手に入らない本が、古本コーナーであったり。

シンクロ&ミラクル。

 

大天使ガブリエルのことと、その時に浮かんだメッセージを彼女に伝えたら、天使のカードを送ってくれました。

そこに書かれている言葉が、「え!?同じ!?」。


 

必要なメッセージは、何度も何度もやってくる。

無理なく無駄なくつながって、何度も何度も、姿かたちを変えて教えてくれます。


気になること、最近よく出会う言葉や出来事、目にする言葉、目にするものは、

きっと、「ナニカ」を教えてくれているのでしょうね。

必要なことはキャッチしている。それがメッセージ。

シンクロ&ミラクル。

thanks, rupa

<<  <  2  3  4  >  >>

体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ