子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. こどもと育つママ応援コラム
 

こどもと育つママ応援コラム


2016/02/11
本日、初めての「摂津まちゼミ」でした。

これは街のお店の方たちが講師となって、地域の皆さんに
お得で役にたつ情報をお伝えしようという企画。


私は「ゆびまるこ」教室で参加させていただきました。


本日2月11日は祝日とあって、親子での参加がたくさん。
お父さん、お母さん、おばあちゃんも一緒に、
指でくるくるとパステルアートをしました。


初めての方がたくさん。
それでもみんなの「わくわく」が伝わってきました。


中には子どもさんがお電話してくれたり♪
「お絵かきしたいです♪」って。


募集開始日にすでに定員に達していたので、
お部屋が大きいこともあり、お手伝いくださる先生もお願いして増員。


18名と講師2名、総勢20名で、くるくるパステル「ゆびまるこ」です。


テーマは「バレンタインデー」。
感謝の気持ちをアートにこめて。
みなさん、とっても楽しそうでした。



太陽がいっぱい注ぐお部屋でみんな集中!夢中でお絵かきです。




絵を描いているときは、おとなも、こどもも関係ありません。
ひとりひとりがアーティストです。




得意な筆文字と一緒に創作もありなのです。
湧き上がってくる「表現したい!」という気持ちに向き合います。




あっという間の時間でした。
小さなお子様も「自分で、できる!」を体験できました。


子どもたちは年齢に関係なく、ちゃんとね、自分の「できる」を持っています。

その「できる」を見守って、大切に育ててあげること。
それが自信につながり、個性を育ててあげることになります。


今日もみんなの「できた!」がいっぱいでしたね。





みんなのアート。

  • ハートもいろいろ。
  • うさぎさんも、うれしそう。
  • 大きな木は、安心感があるね。
  • お花もとっても素敵。
  • 最後には「にじ」も出てきました。


みんなちがって、みんないい。



きっと自由に描くことで、
世界にひとつのアートの誕生の瞬間に立ち会うことができました。


  • 「みんなきれいー」
  • 「ママの絵もかわいい」
  • 「きれいだね」


お互いを認め合える笑顔の時間。



摂津まちゼミ@は、親子のあったかいアートの時間になりました。
参加してくださった皆様、ありがとうございます。


摂津まちゼミA2/16午後
摂津まちゼミB2/26午前
あと2回、よかったら来てくださいね。







2016/02/08
前に「1日ひとつ、新しいことをしてみる」ワークのことを書きました。


私の最初は、「靴を並べてから家を出る」というもの。

当たり前のことなのに、できていない私がいました。
実際にしてみると、「あれ?気持ちいい」ということが分かりました。

その日一日はとっても気持ちがよくて、すっきりとしていました。


なんでもない一日も、とっても新鮮♪フレッシュな感覚だったのです。
それからも気を付けていますが、時々、忘れています。


大事なことは
「新しいことをする」→「なんか違う?」という感覚を知るということ。

この体感覚がとっても大事なこと。




今回、また新しいことにチャレンジしました。
それは、コチラ。



海苔塩ラーメンを食べる。


たったこれだけのことなのですが、
決めるときにはかなり迷いました。


ふとラーメン屋さんに入り、メニューを見た時に飛び込んできたのが、
この「海苔塩ラーメン」。



・・・・気になる。




だけどいつもは醤油ラーメンを食べる。


美味しいだろうか?


やっぱりいつもの醤油ラーメンにしようか。
醤油なら、おいしいことが分かっている。


・・・・でも、気になる。


葛藤のテーマは、『安心感と好奇心』でした。



醤油ラーメンを選択すれば、いつもと変わらない美味しさにたどり着く。
必ずや満足するでしょう。「やっぱり美味しい」って言うでしょう。
しかし、それだけです。


私はいつも同じメニューを頼んでしまいます。
迷うのが面倒なのと、美味しいものを食べたいからです。


今の私は海苔塩ラーメンに心がいっています。
それも事実です。


では新しいチャレンジ!
海苔塩ラーメンはどうでしょうか?

もしかしたら美味しいかもしれない。だけど美味しくないかもしれない。
醤油ラーメンのお店なのに、海苔塩ラーメンってどうなんだろう?


海苔?ミネラル?
塩?ミネラル?
私はミネラルを求めているのか?


そんなことも考えます。

選択は、「新しい選択をする」こと。






海苔塩ラーメン!
美味しかったです。



「こんな味、初めてかも」といったのが感想。
じわじわくる味でした。


そして、もう一つ。
「やっぱり醤油ラーメンが好き」という結果。



本当においしかったのですが、
『私は、醤油ラーメンが好き!』とさらに実感することができたというお話。



新しい選択をすると、自分のことを知ることができる。



私は私の好みを知ることができました。
もしかしたら、新しい出会いの大発見もあるかもしれません。


たとえその選択が違っても、必ず学びはあるのですね。


小さなことでいいので、新しい選択をする。
  • 感じ方も変化するかもしれません。
  • 自分の知らないなにかと出会うかもしれません。
  • 自分のことをもっと知ることができるかもしれません。



「いつもの」選択から、
時々は「新しい」選択を。


楽しいよ。



2016/02/04
ずっとずっと頑張っていました。
仕事や家のことなど、緊張感で張りつめていた数か月でした。



「ちょっと、休まない?」


そんなお誘いで京都の奥座敷
亀岡の温泉にいってきました。


 


たまにはゆっくりと静かな時間をいただくのは癒されます。
京料理と温泉です。


頑張るためには頑張らない時間が必要。
自分をほっとゆるめる時間が大事。

 

 

 

日常の役割、母、妻、娘、会社員、リーダーなどなどは脱ぎ捨てて、

「そのまんまのわたし」に戻る時間。

 

 

そのまんまの、わたし。

 

なんでもない、わたし。

 

素の、わたし。


 

 

「疲れたな」って言葉も出てきます。

出していいんです。

いつもは疲れているけれど、疲れたって言えなかったりします。

だって、言葉にすると、もっと疲れるから。

 

 

「どうしたらいいんだろう?」

不安な気持ちもあります。

子育てではマニュアルどおりにはいかないし、

みんな違うから、何がどうしていいのか分からなかったりします。

 

それでも一生懸命。

どれがいいかな?なにがいいかな?と取り組む。

 

 

 

 

私思うんです。

一生懸命でないお母さんっていない。


お母さんはみんな頑張っている。

 

みんな必死です。一生懸命です。

みんな頑張っているんです。

 

 

 

だからね。

 

「頑張らない時間をつくってほしい」

 

 

 

頑張るために、頑張らない時間をほんの少しでも持ってほしい。

 

 

私にとってはそれが、「パステルアート」だったのです。

またそのお話はしたいと思います。

 

 

 

子育て真っ最中。暗黒時代にパステルアートに救われたお話。

あるんです。きっかけが。

 

 

 

 

今の私の「頑張らない時間」は、自然とふれること。
山、川、温泉。草、花、空、風。

 

 

 

最近その時間を持つことを忘れておりました。

持つのが怖くなるくらい忙しかったなーって振り返る。

 

 

するとね。あまりにも緊張状態だったからか、

温泉に入ったら気分が悪くなりました。
全然、癒されてないー(泣)。

 

 

 

そうならないようにほどほどに。

 

 

「頑張らない時間」は計画的に。

 

 

ほんの5分でもいいので持ってね。

 

 



恵方巻きロール。
おいしいおやつも癒しですよ。




2016/02/01
親も、子もともに学び育っていく。


ただただ「教える」のではなく、互いに学び育つ。



「ともに」という気持ちが子育てでとても大切なことなのではないかなと
思う今日この頃です。


先日、私のインド舞踊の先生の舞台を見に行きました。




師から弟子へ。



そのタイトル通り内容は、師匠から弟子へと受け継がれていく
踊りと精神の数々でした。



面白いことに、「踊り」を共通項として、
南インド古典舞踊、日本舞踊、モダンダンス、ジャワ島民族舞踊、
そして私の先生の北インド古典舞踊の先生方による座談会と、
デモンストレーションがあったのですが、


そのお話がとてもずしんと心にきました。


「踊りやおけいこは、先生から生徒へと受け継がれていくもの。

先生は、生徒に技術だけでなく、考え方、生き方など
先生が生きてきて培ったすべてを与えます。

しかし最近では師匠と弟子という関係は薄れていっています。

カルチャーセンターでは、『技術の切り売り』がされます。

それがいいとされています。

技術を求め、技術を学ぶ人が多いのです。


しかし技術だけでは表現にはなりません。


体をつかった表現は、「心」がないとできません。



師匠から弟子へ、

先生から生徒へ、

受け継がれていくものは技術だけでなないのです。

本当に大切なのは「心」なのです。」






技術を目的としたものがいかに多いことでしょう。



教育も、結果重視です。
うまくなる、成績がよくなる、技術が向上する。



技術、テクニック重視で、
そのために人は教育し、「うまくいくように」と育てていきます。



それは子育ても同じかもしれません。


親として、「失敗しないように」「うまくいくように」「成功するように」と願うのは
親の愛情の現われ。



しかしそれだけではないんですね。


親は心を伝え、心を受け取る。
なにがあっても大丈夫な絶対的な信頼関係を「家族」が育てていきます。



心をしっかりと受け止めて育む。

心が育てば、おのずと技術もついてきます。




私はこれまでのこどもたちのパステルアートの表現活動をともにしてきて、
そう実感しています。

「ゆびまるこ」は、ともに学び、ともに育つ「表現共育」。




親も、子も、先生も、場も、共に育っていきます。



私たちから皆さんへ、子どもたちへ伝えたいこと、
皆さん、子どもたちから生まれてきた表現をうけとめて、感じあって、
一緒に自由な表現世界を生み出したい。


技術だけでない、心の表現。
それが「ゆびまるこ」の大切にしていることです。




体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ