子どもたちのレジリエンス(しなやかな心・生きる力)を育む
新しいパステルアート教室
  1. 1日ひとつ、新しいことをしてみる。
 

1日ひとつ、新しいことをしてみる。

2016/01/31

昨年の私です。
実はそれまで私はずっと髪が長くて、前髪は作っていませんでした。


くせ毛・ねこ毛・きれ毛・細毛なので、
「前髪を作るとどうにもならない!」と思っていました。




  • 「どうにもならない」と思っていた。
  • 「前髪はつくれない」と思っていた。
  • 「できない」と思っていた。



・・・・・思っていた。



ここがポイントです。
私は自分で「できない」と思っていたのですね。
思い込んでいたのです。




実際、ずっとお世話になっていたスタイリストの方からの
「前髪つくらないほうがいいよ」と、切ってはいただけませんでした。


プロが言うので私も「やっぱりな」と納得します。
「前髪つくれないのー」という私です。
「前髪つくれない私」に安心している私もいました。だってチャレンジしなくていいもん。



しかしある日、ふと気が変わりました。


いやだー!このままではいやだー!


前髪を切ってみました。
私にとっては初めての前髪チャレンジ。それがこの写真。ちょうど1年前です。


これまでのスタイリストさんではなく、
初めての場所で、初めてのスタイリストさんにお願いしました。


すると全く正反対の言葉が来て、びっくり!!!
「前髪つくったほうが楽になりますよ。それに似合うし」


パッツン!
「できたー!」という嬉しい気持ち。心も軽くなりました。
周囲からも「あれ?雰囲気変わった」「若返ったね」などなど、反応あり。



前髪を切ったことで、一番変わったのは、気持ちです。



「できない」と思っていたいつも同じ髪型の私は、
それからいろんなヘアスタイルにチャレンジするのが楽しくなった。
ずっと気になっていた「ヘナ」もやってみた。いい感じ。

チャレンジすることが怖くなくなった。


くせ毛でねこ毛で「できない」とあきらめてきたことが、
初めての場所で、初めての人に出会い、初めての考え方にふれ、扉があいた。

 

 

 

「できない」ことは何もない。
できないと決めているのも私。だったら「できる」にかえてみたらいい。

 

 

 

初めの一歩を踏み出したことで、新しい世界はひらく。

「気になること」は、やってみたほうがいい。

そして確かめる。

そこには自分の学びがきっとある。かならずある。

 

 

 

そして違ったら、やめたらいい。

迷ったら立ち止まればいい。

でもその時点で、それは「戻る」ではなくて、もうすでに一歩ステップアップしているんだよ。

それが成長なんだよ。

 

 

 

新しいことは怖いことかもしれない。

だけど気になることは必要なこと。

いきなり大きな新しいことではなくて、そのチャレンジに向けた小さなチャレンジをしてほしい。

 

 

それが新しい扉をあけるということ。

 

 

今日のレッスン♪『1日ひとつ、新しいことをしてみる。』

 

 

小さなことでいいから、新しいことをしてみよう。
その気持ちが大事。ポイントはほんとに小さなことね。

 

1日ひとつ、新しいことをする。

 

  • いつもと違う側から靴をはいてみる。
  • お弁当をつくってみる。
  • いつもはコーヒーだけど、紅茶を飲んでみる。
  • 普段はシックな服装だけど、今日はきれいな色のスカーフをしてみよう
  • アクセサリー、つけてみる?
  • 「おはよう」って自分から言ってみよう
  • 「ありがとう」って家族に伝えよう
  • お花を買ってみる
  • ひとりでカフェに入ってみる

 

 

ドキドキしちゃいます。これならできる?

きっとこの新しいことが、新しい扉をひらいてくれますよ。心の扉をね♪

 

 

 

では私の今日のあたらしいことは、

「靴をちゃんと並べてから出かける」かな?

 

 

当たり前のことだけど、意識して行動する。

すると、きっと、気持ちは変わるはず。

その変化を楽しんでね。


素敵な一日を♪
Have a nice day!



体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら

  • ゆびまるこってどんな教室?
  • どんなプログラム?
  • どんな先生が教えているんだろう・・・

ぜひお気軽にレッスンを体験していただき、教室の雰囲気や特徴をご覧ください。

電話080-3787-7345

電話受付時間:10:00〜18:00

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ